こんにちは!
神奈川県横浜市を拠点に関東の各地でシーリング工事を行っております。

このコラムコーナーでは弊社が業務にあたる中で培った知識やノウハウをもとに、施工に関わるちょっとした豆知識やお役立ち情報を発信しています。

今回は「シーリング劣化のサイン」についてご紹介いたします。
ふだんはあまり目立つことのないシーリングですが、劣化が進むと雨漏りや外壁の機能低下につながるおそれもあります。

ぜひ次のような点に注意してそうした問題を防止してください。

シーリングのこんな症状にご注意を!


材料自体が痩せている
紫外線に長くさらされ、年数が経過したシーリング材には、やがて痩せてくる(細くなってくる)という変化が表れ始めます。

こうした変化は当然、目地(建材同士の隙間)に雨水の浸入を許すことになり、放置しておくと建物内部を腐敗させ、やがて雨漏りを引き起こす可能性もあります。

材料にひび割れが目立つ
「痩せ」と並んで多いのが「ひび割れ」です。
シーリングの剤が打ち込まれたラインに沿うように裂け目ができ、「痩せ」と同じく目地に隙間をつくってしまいます。

材料が浮いている、剥がれている
そのほか、まるで枝毛のようにシーリングの「浮き」や「剥がれ」が見つかった場合も、同じく劣化のサインといえます。

その規模にもよりますが、当然「痩せ」や「ひび割れ」よりも目地の隙間が大きくなるため、早急なメンテナンスが必要になってきます。

シーリングの寿命は大体3年から5年程度といわれています。
もし、これらのサインがなかったとしても、経年数から見てそろそろ寿命に差し掛かるようなときは専門業者に相談されることをおすすめます。


シーリング工事のことならグレイスにお任せください!


シーリングは人の生活に直接関わってくるものです。
だからこそ、
「最近外壁が劣化してきた」
「水の侵入に悩んでいる」
「シーリングの痩せや劣化が目立つ」
などといったお悩みが出てきますよね。

こういったお悩みをお持ちの方はぜひ弊社にお問い合わせください。
確実な施工でその問題を解決させていただきます。


弊社では協力会社様を募集しております


また、ただいま業務拡大中につき、共に事業を盛り上げていってくださる協力会社様を募集しております。
ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひ協力会社募集・求人情報に関するページをご覧ください。

皆様からのご連絡をお待ちしております。


株式会社グレイス
〒240-0067
神奈川県横浜市保土ケ谷区常盤台50-2-102
電話/FAX:045-744-6088