株式会社グレイスは神奈川県横浜市を拠点とし、神奈川県を中心に関東圏内の建物を雨水から守るシーリング工事を行っています。

シーリングという言葉を聞いたことがありますか?
あまり耳慣れないかもしれませんが、じつは多くの建物にシーリング材が使われています。

そこで今回は「実はこんなにあった!シーリング材の種類」についてご紹介しましょう。

シーリング工事って?


シーリング工事とは、建築物の壁と壁のつなぎ目やサッシの金具と壁のつなぎ目にシーリング材を流し込むことをいいます。

シーリング材は固まるとゴム状になるため、水の侵入を防ぐという効果があります。
それだけでなく伸縮性のある素材なので、建物の耐震性を高めることにもつながるのです。

シーリング材の種類

 

建築材は気温や湿度の変化によって伸縮を繰り返すという特徴があり、その伸縮の度合いは素材によって異なります。

建築材の伸縮に対応するために、シーリング材にもさまざまなタイプがあります。

シリコン系シーリング材
ガラス類と相性のいいシーリング材です。
また湿気の多い場所での施工にも強い素材のため、キッチンや洗面所、浴室などに使用されます。

変性シリコン系シーリング材
モルタルや金属に相性のいいシーリング材です。
このシーリング材は、上に塗料を重ねることが可能なため、さまざまな外装の際の下地としてもよく使用されます。

ウレタン系シーリング材
外壁塗装の補修などに使用します。
気候の変化に対する耐性があまりないため、補修のときに同時に使用して、シーリング材そのものを露出させないようにします。


シーリング工事は株式会社グレイスへ!

ここまで「実はこんなにあった!シーリング材の種類」という話題を取り上げてきましたが、いかがでしたでしょうか?
本コラムを読んで、ご参考にしていただければ幸いです。

シーリング工事は、信頼と実績の株式会社グレイスにお任せください!
ご依頼、ご相談などがございましたら、遠慮なくお問い合わせください。


シーリング工事をやってみませんか?


株式会社グレイスでは、一緒に働いてくれる協力会社やスタッフを募集中です。
未経験の方でも丁寧に指導しますのでご安心ください。

ご興味がございましたら、ぜひ求人ページをご覧ください。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。


藤沢市・横浜市など神奈川の防水・シーリング工事は神奈川(株)グレイス
ただいま業務拡大中につき求人、協力会社様募集を実施中です!
〒240-0067
神奈川県横浜市保土ケ谷区常盤台50-2-102
電話/FAX:045-744-6088