こんにちは!
神奈川県横浜市を拠点に関東の各地でシーリング工事を行っております。

このコラムコーナーでは弊社が業務にあたる中で培った知識やノウハウをもとに、施工に関わるちょっとした豆知識やお役立ち情報を発信しています。

今回は「シーリング工事と防水の深い関係」についてご紹介いたします。

シーリングという素材の役割


シーリング工事と防水の関係を知るには、まずシーリングという素材がどんな役割を持っているかをご紹介する必要があります。

皆さんは、外壁の境目やサッシの周りに柔らかい素材が埋め込まれているのを目にしたことはないでしょうか?
それがシーリングです。

シーリングはこのように建材同士の境目(目地)に打ち込まれているもので、雨水の侵入を防いだり、建材同士が衝突して傷つかないように守ったりする役割があります。

防水にシーリング工事は欠かせない


シーリングの役割で、「雨水の侵入を防ぐ」というものがありましたが、まさにシーリングは防水に欠かせない役割を担っているといえます。

「あの程度の隙間から雨水が浸入するの?」
と思ってしまうかもしれませんが、水というのは変幻自在、どれだけ狭くても隙間さえあればあっという間に内部へ入り込んでしまいます。

そのため、定期的なメンテナンスが欠かせません。

シーリングのこんな問題にご注意を


シーリングは10年程度はもつといわれるものの、経年や紫外線によってどんどん劣化していきます。

劣化すると、たとえば
・素材自体がやせてしまう
・素材に亀裂が入る
などといった症状が考えられます。

これらが目に見えてわかるようであれば、さらなる被害を防ぐためにもぜひ専門業者へご相談ください。


シーリング工事のことならグレイスにお任せください!

シーリングは人の生活に直接関わってくるものです。
だからこそ、
「最近外壁が劣化してきた」
「水の侵入に悩んでいる」
「シーリングの痩せや劣化が目立つ」
などといったお悩みが出てきますよね。

こういったお悩みをお持ちの方はぜひ弊社にお問い合わせください。
確実な施工でその問題を解決させていただきます。


弊社では協力会社様を募集しております


また、ただいま業務拡大中につき、共に事業を盛り上げていってくださる協力会社様を募集しております。
ご興味をお持ちいただけましたら、ぜひ協力会社募集・求人情報に関するページをご覧ください。

皆様からのご連絡をお待ちしております。